楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ネパールに“投資” 宿運営と人材育成―国内旅館ホテル関係者にも推奨

今年7月4日、関西国際空港からカトマンズへの直行便が就航する。日本から、ネパールから、相互の往来が盛んになる起爆剤として注目を集めている。

そうした中、日本とネパールの交流の事業化にいち早く取り組んでいるのが橘(本社・岐阜県高山市)の松尾政彦社長。岐阜県奥飛騨温泉郷や奈良県十津川温泉など4カ所で旅館を経営し、奥飛騨地域の外国人集客に特化した各館でネパール人を雇用、その働きぶりや気質に惚れ込んだ。

「ネパールはまだまだ途上国で、自国の給与水準も低く、日本で働くことがステータスになっています。彼らのがんばりを見ていると、逆に私も何かできないだろうか。そう考えたんです」

そこで、ヒマラヤ山脈の名峰マチャプチャレ(6993メートル)を正面に望む、ネパール第二の都市ポカラでホテルを建てると同時に賃貸も始めた。建設費は日本よりはるかに安く、相応のホテルを建てることができる。「その時に、投資先としてネパールの可能性を大いに感じたのです。グローバルなサービス、おもてなしを身につけてもらい、彼らを日本で雇用することもできます。日本の旅館業で関心を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか」。

ヒマラヤ山脈マチャプチャレ

松尾さんが建てたホテル前から
ヒマラヤ山脈マチャプチャレを望む

松尾社長は現地会社を設立、物件探しから設計、人材確保、通訳などまで必要な業務をトータルでコーディネートする体制を整えた。

「ネパールに投資し、ネパール人の皆さんに活躍の場を提供し、彼らに日本でも働いてもらうスキルを身につけてもらう。そんな好循環で両国の交流が深まることを期待しています」と将来を見据えている。

松尾政彦社長

ネパールの人たちと松尾社長
(後列左から2人目)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ