楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

台湾南端の海のまち・屏東観光をアピール 大阪で商談会、2月のランタンフェス来訪促す

台湾の屏東(ピントン)県政府観光推進商談会と懇親夕食会が9月5日、大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪で開かれた。世界各国から800万人以上の来訪を見込み、2019年2月19日から始まるランタンフェスティバルなど、屏東県の観光についてアピールした。

屏東県は、台湾最南端に位置し台湾海峡、パシー海峡、太平洋の3つの海に面する。そのため漁業が盛んなほか、ドラゴンフルーツやバナナなどトロピカルフルーツや日本統治時代に始まったコーヒー栽培など農業も発達している。先住民が多い地域で多様な文化体験も屏東県の魅力となっている。

商談会の冒頭あいさつで、屏東県政府観光情報部の黄國維副部長は「海陸空と3Dの旅行が楽しめる地域です。豊かな自然を背景にエコロジーな旅行と教育が盛んで、エコツアーは台湾で一番多い」と紹介した。

屏東県政府観光推進商談会

参加した旅行会社にエコツアーや
ランタンフェスなどの魅力を紹介

また、屏東県観光協会の郭子義理事長は「珊瑚礁でできている小琉球は島全体が生態保護区で、アオウミガメが滞在しています。マグロやサクラエビ、カジキマグロが有名で毎年5―6月にクロマグロ祭りが屏東東港で開かれます」などと話した。

台湾ランタンフェスティバルは来年2月19日から3月3日に開催。旧正月の時期で、台湾の人は3日間に分けて見て回るほどの規模を誇る。商談会では、郭理事長が2泊3日のモデルコースを提案し、旅行商品化や来訪を促していた。

黄副部長は記者会見で「本県に最も近い高雄空港へ、関西国際空港から直行便が週11便運航しています。直行便で高雄まで3時間、高雄から屏東まで1時間30分ほどです」とアクセスの良さをアピール。「関西から台湾へお越しの方は多いですが、北部に集中しています。しかし、気質的に関西の人と台湾南部の人は似ています。屏東のことをもっと知ってもらいたいし、来てほしい」と黄副部長。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ