楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

高知で日本遺産サミット 地域の物語を発信

全国83の日本遺産のストーリーを発信する「日本遺産サミット」が10月13日、高知市内で開かれた。各地の日本遺産認定団体の情報交換や交流、一般向けの周知活動が目的。日本遺産を認定する文化庁や開催県などが主催し、今年で4回目になる。

日本遺産は、地域の歴史を背景にした文化や伝統を伝えるストーリーを認定する制度。2015年に創設され、これまで83件が認定されている。文化庁では20年中に100件の登録を見込んでいる。

サミットの開会あいさつで、高知県の尾﨑正直知事は「地域資源を磨き上げ、交流人口の拡大や外貨獲得の手段として日本遺産への期待は大きい。それぞれの地域の物語をもって皆さんと交流しましょう」と呼びかけた。

日本遺産サミット

10月13日に開かれた日本遺産サミット。
サミットは今年で4回目の開催になる

日本遺産審査委員会の委員で東洋大学国際観光学部客員教授の丁野朗さんは「一つひとつの文化財には、その背景に物語が流れています。観光客は自分なりに物語を描き地域を訪ねています。物語を体感でき、事業として成り立たせることが大切です」と訴えた。

サミットでは、高知市の帯屋町商店街に83団体のPRブースが並んだほか、日本遺産・四国遍路を体験するエクスカーションなども行われた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ