楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“除菌バス”のネットワーク「JBR発足」(1) 全国44社を手配、紹介

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、業績が悪化している観光バス事業者が連携し、新組織「JBR(除菌バスリザーブセンター)」を9月1日に設立した。バスの除菌・消臭に2010年から取り組み、安心安全なバス旅行を促進してきた九州観光旅館連絡会(九観連=大阪市西区、松瀬裕二代表)が呼びかけ、全国44社のバス会社が参画。「除菌バス」を旗頭に、安心・安全・快適な観光バスを旅行会社に手配する。

安心・安全・快適な観光バスを

JBRは、除菌水を噴霧器で霧状にして拡散させる「空間除菌」の普及に取り組んできた九観連空間除菌部がベース。

同部では、新型インフルエンザ(鳥インフルエンザ)の流行で観光業界が多大な影響を受けた10年から、九州のバス会社を皮切りに旅館ホテルなどで空間除菌の普及に取り組んできた。特に観光バスは、空間除菌の噴霧器を搭載した車両を「除菌バス」と提唱。安心安全を担保するバスとして需要が高まり、今では「除菌バス ウイルス対策車」と書かれたステッカーを車体に貼った約3千台のバスが全国を走るまでに拡大している。

空間除菌噴霧器

全国3千台の貸切観光バスに
導入されている空間除菌噴霧器

さらに、新型コロナウイルスの流行をきっかけに、除菌バスを導入したバス会社から「除菌バスの宣伝や集客ができる方策はないか」と要請されたことから、九観連が主導してJBRを発足させることになった。

9月1日の発足時にJBRに参画したバス会社は全国44社。除菌バスをネットワーク化し全国の旅行会社に安心・安全・快適な旅行が楽しめるバスの紹介や手配、宣伝を行う。

JBRに参画したバス会社

(次の記事)“除菌バス”のネットワーク「JBR発足」(2) 安心安全なバス旅を

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ