楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

20年の追い風に 東京オリ・パラに新しい施設や交通インフラ

旅行動向に影響を与えるのがビッグイベントの開催や新観光施設、交通インフラの開設だ。

何はともあれ、今年は東京オリンピック・パラリンピックが主役。オリは7月24日—8月9日、パラは8月25日—9月6日、いずれも東京を中心に開催される。その裏?で、祝日が今年に限り移動し、7、9月に4連休が登場する。

欧米では人気な反面、国内では今一つ知名度が低いのが、2月22日と23日、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開かれるアルペンスキーW杯。世界のトップ選手が出場、国もウインターリゾートに力を入れ始めた中で、旅行業もコミットしておくべきだろう。

国内観光を席巻しそうなのは、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」。舞台は岐阜県と京都府で、主人公が各地に足跡を残しているのがいい。大河ドラマ館もゆかりの各地にオープンする。

と同時に、NHK朝の連続テレビ小説の集客力もあなどれない。現在放送中の「スカーレット」は、舞台の滋賀県甲賀市を盛り上げているが、3月から始まる「エール」も要チェック。作曲家の古関祐而さん金子さん夫妻がモデルで、舞台の福島市や愛知県豊橋市は、オリンピック以上に期待だとか。

今年、東西2強テーマパークも注目。TDRは4月に「美女と野獣」をテーマにした新エリア、USJは初夏にも任天堂の世界をテーマにしたエリアをオープン。後者は、ハリポタ以上の投資額という力の入れようだ。

交通インフラでは、3月29日から新飛行ルートの導入で羽田空港の発着回数が年間3万9千回もの大幅増、那覇空港は3月26日から第2滑走路が供用される。慢性的に混雑していた新千歳空港も3月に国際ターミナルが2倍に拡張する。中部国際空港セントレアでも9月にLCCターミナルが開業。海路では7月、東京国際クルーズターミナルがオープンする。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ