楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

次亜塩素酸水溶液の有効性訴え 普及会議、NITEの中間報告に疑義示す

研究者、メーカー、ユーザーなどで構成する「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」は6月11日に東京・八重洲で会見を開き、次亜塩素酸水溶液噴霧が新型コロナウイルスを不活化した実験結果や、適切に使用することで人体に害のないことなどを紹介した。

同会議は、次亜塩素酸水溶液の普及と正しい使い方の啓発などを目的として設立した有志団体。経済産業省や独立行政法人のNITE(ナイト、製品評価技術基盤機構)が5月29日、次亜塩素酸水溶液の新型コロナウイルスへの効果について「現時点では有効性は確認されていない」とする中間報告を発表し、多くのメディアが一斉に報道したのを受けて会見を開いた。

会見では(1)次亜塩素酸水溶液は現在の新型コロナウイルスの流行とその後の新しい生活に対して感染予防策として役立つものである(2)次亜塩素酸水溶液は正しい取り扱いを行うことで人体に影響なく安心して使える液体である(3)その活用方法においては、空間に効果的に噴霧することによりエアロゾル感染を防ぎ、空気中及び床面・壁面など室内環境のウイルスを除菌することが可能である(4)誤報の元となった中間報告を行った製品評価技術基盤機構及び経済産業省はより広く専門家の声を聞き誤解を受けないような最終報告を行っていただきたい(5)政府は国民の命と健康を守るため医療機関、高齢者施設、防災避難所をはじめとする必要な箇所への次亜塩素酸水溶液の配布と備蓄を進めていただきたい(6)新型コロナウイルスをはじめとするウイルスと共生する新しい社会づくりのために次亜塩素酸水溶液の活用を広めていただきたい−などとする緊急アピールを行った。

次亜塩素酸水溶液普及促進会議

次亜塩素酸水溶液で新型コロナウイルスが
不活化した実験結果を公表(6月11日)

NITEの中間報告を受け、文部科学省は6月4日付けで、学校で次亜塩素酸水を噴霧するときは「児童生徒等がいる空間で使用しないでください」と通達し、利用を取りやめる学校や事業所が出るなど、現場は混乱した。

ただ、その後、経産省とNITEが「次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中です」と発表の内容を変更したことで、文科省も6月16日付けで「使用に当たっては学校医、学校薬剤師等から専門的な助言を得つつ、必要性や児童生徒等に与える健康面への影響について十分検討してください」と改めている。

経産省とNITEは6月中に最終報告を公表する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ