楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

全国的に温泉地強し!城崎や奥飛騨など急上昇 じゃらん・人気観光地満足度ランキング2024

リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」は6月19日、2023年に宿泊旅行で訪れたことがある「もう一度行きたい観光地」についてのアンケートをもとに、「人気観光地満足度ランキング2024」を発表した。旅行者の居住地別に東北、関東、東海、関西・北陸、中国・四国、九州・山口の6エリアごとにまとめ、関東の1位は舞浜・浦安(千葉県)だったが、関西・北陸は城崎温泉(兵庫県)がトップを奪取。各地で温泉地が上位に入った。

東北は1位鳴子(宮城県)。2位以降は秋保(宮城県)、鶴岡・湯野浜・あつみ(山形県)、雫石・つなぎ・鶯宿(岩手県)、仙台(宮城県)の順だった。鳴子が首位になるなど昨年と大きく変動した。

関東は舞浜・浦安に続き、草津(群馬県)、熱海(静岡県)、箱根(神奈川県)、那須(栃木県)と順位はやや変動したものの定番の温泉地、保養地が例年同様上位を占めた。9位下田・白浜(静岡県)や10位長野・飯綱・戸隠(長野県)が大きく数字を伸ばした。

東海は奥飛騨温泉郷(岐阜県)が2位下呂温泉(岐阜県)を抜いて1位に。飛騨高山(岐阜県)、伊勢・二見(三重県)、金沢・湯桶(石川県)と続いた。6位浜松・浜名湖・舘山寺温泉(静岡県)、8位蒲郡温泉郷(愛知県)が急上昇。

関西・北陸は昨年10位から一気に飛躍した城崎温泉に続き、2位には白浜温泉(和歌山県)とここでも温泉が強い。北陸新幹線延伸で話題の金沢・湯涌、昨年1位のユニバーサルシティ(大阪府)、淡路島(兵庫県)が続く。6位京都市(京都府)や7位伊勢・二見といった定番も上位に。

城崎温泉

一気に飛躍した城崎温泉

中国・四国は1位は角島周辺(山口県)が大幅ジャンプアップ。2位は小豆島(香川県)などロケーションのよさが上位人気につながっているようだ。同じく2位に三朝(鳥取県)、4位道後温泉(愛媛県)、5位蒜山高原(岡山県)。

九州・山口は別府(大分県)が1位を最奪取。ハウステンボス(長崎県)が2位だが、黒川温泉(熊本県)、由布院温泉(大分県)と続き、やはり温泉地が上位に。5位は南阿蘇(熊本県)。

なお、「今後行ってみたい観光地ランキング」の1位は、東北が秋保、関東が草津、東海が熱海、関西・北陸が城崎温泉、中国・四国が道後温泉、九州・山口がハウステンボスだった。

アンケートは1月にインターネットで実施。東北から九州在住の20―69歳の男女約6200人が回答した。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ