楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

料理でお客様に感動を 武田利史料理長(琴平・紅梅亭)、卓越した技能で「現代の名工」に(1)

香川県琴平町のこんぴら温泉華の湯紅梅亭の武田利史料理長が2020年度の「現代の名工」に選ばれた。厚生労働省が各分野で卓越した技能を持つ人を表彰する制度で、武田料理長は「卓越した技能を持ち『日本食普及の親善大使』として、日本料理を世界に情報発信している」ことが認められた。

幼いころ「大好きなお寿司が食べることができる」と、寿司職人になりたかった武田さん。ドラマ「前略おふくろ様」を見て、主演の萩原健一が山形から上京し板前修業しながら成長する青年の姿に憧れた。自身も同じ道を志し、高校卒業後、大阪・ミナミの割烹料理店で修業を始めた。

当時、料理は先輩が使った調味料や味付けを盗んで覚えろ、という時代。包丁に触ることもできなかったが、自身で研究を重ねて料理のコツを叩き込んだという。

「今はスマホでユーチューブを見れば、いくらでもレシピや作り方を見ることができますから、私たちの時代のように這いつくばって覚えることはないですね」

しかし、武田さんにとって修行時代に得た体験が今の自分の根幹を成していると自負する。逆に、今の人たちは楽になった分、どこで自身の根幹を作るのか、と首をかしげる一面も。

(次の記事)料理でお客様に感動を 武田利史料理長(琴平・紅梅亭)、卓越した技能で「現代の名工」に(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ