楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地元宿泊キャンペーン、効果に明暗(1) 求められる的確な制度設計

「Go Toキャンペーン」が8月以降のスタートにずれ込むことが確実視されている中、各自治体が地元限定の地元宿泊旅行を後押しするキャンペーン事業を独自に実施。コロナ禍で疲弊した地元の観光事業者を勇気づけている。だが一方で、自治体によって事業の制度設計が異なり観光事業者にとって悲喜こもごもの一面がみられる。石川県と鹿児島県の事例を中心に取材した。

朝6時から並ぶ客 会員店舗は大盛況

自治体が地元限定の観光を後押しする事業は、住民が近隣の旅館ホテルに宿泊する費用を補助するのがほとんど。ただ、その補助を受けるための制度設計は大きく2分されている。

一つは、地元の旅行会社を通じて旅行商品として予約を受け付けるもの。もう一つは、OTAなどオンラインに限定して受け付けるものがある。

また、宿泊予約を伴うため自治体は事務を外部に委託しているが、そこでも地元の旅行業団体や観光協会が主となっているもの、大手旅行会社やOTAに委託するものと大別できる。

住民への補助を主目的に考えると、これらに差異はないのかもしれないが、地元の税金を地元に還元するという視点で見てみると、この制度設計は事業の根幹に関わってくる。特に観光産業はすそ野が広く、雇用や波及効果は小さくなく、事業に投入する税金の使途として的確な制度設計が求められるものだろう。

そうでないと、事務委託費ですったもんだしている国のGo Toキャンペーンと同様な暗い影が射しこみかねない。

(次の記事)地元宿泊キャンペーン、効果に明暗(2) 石川県、石旅協が事業受託

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ