楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地元宿泊キャンペーン、効果に明暗(2) 石川県、石旅協が事業受託

朝6時から並ぶ客 会員店舗は大盛況

地元旅行会社を通じた制度設計で、宿泊施設だけの支援にとどまらない制度を導入しているのは長野県、沖縄県、石川県が代表的。

このうち石川県は「泊まって応援!県民限定宿泊割」事業を6月8日からスタート。8月末までの期間中に延べ3万人の利用を見込んでいるが、県内の旅行会社では初日から予約が殺到するなど、県ではすでに事業費の追加補正を行ったほど。

事業は、県内の旅行会社で販売する旅行商品が割引対象。宿泊施設に直接申し込むのは対象外となる。県内にはJTBや日本旅行など大手旅行会社も支店を開設しているが、事業全般の事務を受託したのは石川県旅行業協会(北敏一会長)だ。

石川県旅行業協会は、全国旅行業協会石川県支部を母体とする事業推進団体で、県内の中小旅行会社が中心。東京に本社を置く大手ではなく、地元中小の集まりが受託した理由を北会長はこう話す。

「県民宿泊割の窓口が石川県旅行業協会に委託されたのは、北陸新幹線金沢開業などで着地型旅行の商品造成など、県の観光行政に協力してきたから」

事業の構想が出始めたころには、北会長らは県の観光担当者と面談。「これまで県の取り組み協力してきた。県が認可している中小旅行会社で組織する我々協会にぜひ委託してほしい」と訴えた。

その後、6月3日に石川県の谷本正憲知事のゴーサインが出て、8日にスタート。現在122社の旅行会社が販売を行い、そのうち同協会の会員は66社を占める。122の中にはJTBなど大手旅行会社も加わっている。

北会長によると、会員の店舗では10時の開店段階で30人の行列ができたり、10時の開店なのに朝6時から並ぶ人もいるという。「これまで我々の店舗は閑古鳥が鳴いていたが、宿泊割の販売以降てんてこ舞いの忙しさ」とうれしい悲鳴をあげるほどだと話す。

北会長は「日ごろから県観光へ協力し、コミュニケーションを密に図ってきたことが事業委託という成果に表れた。この賑わいをGo Toトラベルキャンペーンにつないでいきたい」と意気込んでいる。

石川県山代温泉

石川県加賀市で人気のまち歩きツアー
(写真はイメージ)

(次の記事)地元宿泊キャンペーン、効果に明暗(3) 鹿児島県のCPには不公平感
(前の記事)地元宿泊キャンペーン、効果に明暗(1) 求められる的確な制度設計

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ