楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

食の観光ルート構築 大起水産グループ(2) 「まぐろスタジアム」、旅行会社にアピール

魚食文化の発信拠点

大手スーパーなどでは定期的にできないマグロ解体、鳥取県境港をはじめ全国各地から独自流通網を確立し事業を拡大。2018年には創業地の堺市に800坪の「まぐろパーク」をオープンさせ、日本の魚食文化を発信する拠点をつくった。来年春には、京都府宮津市にも店舗を開設、地方にも魚食を広めていく。

「会長がつねづね言っているのは、四方を海に囲まれた日本は水産資源が豊富で、四季があり自然も豊かだということ。その一方で、食糧自給率は非常に低い。魚も食べない人も増えている。それを解決するには観光。日本の良さ、魚食文化を伝える『食の観光ルート』構想なのです」

そう話すのは、グループ会社・大起産業の酒井泉専務。

食の観光ルートは、日本国内外を見据えて、生産地と消費地をつなぐことを視野に入れる。その一環で同社では今年に入って、離島振興地方創生協会に加盟。大起水産の店舗で、長崎県の五島列島などのフェアも実施している。

「いま水産業は後継者難です。それを解消する一つとして生産者、つまり漁師さんの収入を増やすことを考えていかなければなりません。大起水産に行けば、ふるさとの魚、珍しい魚が購入でき食べられるというイメージを定着し、生産地と消費地を結びつけていきたいと考えています」と酒井専務。

大起産業の酒井泉専務

「日本人は古来、穀物と魚を
食べてきた」と話す酒井専務

酒井専務は、八軒家浜まぐろスタジアムを最前線の一つと位置づける。「クーポン契約などはしていませんが、旅行会社対応もさせていただきます。ぜひ送客いただき、日本の魚食文化をお客様に知らしめるきっかけにしていただきたいですね」と話している。

(前の記事)食の観光ルート構築 大起水産グループ(1) 生産地と消費地を結ぶ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ