楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

火災1年の首里城でも式典 ツーリズムEXPOジャパンin沖縄(1) 会期中2万4千人が来場

「ツーリズムEXPOジャパン(TEJ)2020 旅の祭典in沖縄」(主催・日本旅行業協会、日本観光振興協会、日本政府観光局)が10月29日−11月1日の4日間、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。

新型コロナウイルス感染症の影響で展示規模の縮小や来場者数の制限、海外から観光担当大臣が来日できないなど困難な状況のなか、「旅の力で日本を世界を元気に」「ニューノーマル時代にMICEの新しい形を示す」といった意気込みを持って開催にこぎつけた今回のTEJ。

日本国内に事務所を持つ国・地域を中心に世界30カ国・地域や国内28道府県から285の企業・団体が出展し、会期中1786件の商談を実施。一般公開日を中心に2万4080人が来場した。

29日に行われた開会式や会見では主催者団体や沖縄観光のトップから感染防止対策を徹底した上でのTEJ開催への理解と、開催の意義について発言が多く聞かれた。

坂巻伸昭JATA会長は「コロナ禍で無事開催できることを喜んでいます。ニューノーマル時代のMICE開催のモデルとしたい。沖縄の観光、日本の観光の復活の象徴となるエキスポとしたい」と意気込んだ。

また、髙橋広行・ツーリズムEXPOジャパン実行委員長は「感染症対策を徹底した上で、ニューノーマルにふさわしいエキスポを届けるとともに、アドベンチャーツーリズムやワーケーションといった新しいツーリズムの形をしっかり発信していきたい」と述べた。

山西健一郎・日本観光振興協会会長も「国内観光は徐々に需要が回復しています。国際観光は厳しい状況が続いていますが、観光の力を信じ一致団結し危機を克服しようというメッセージを沖縄から世界に発信しましょう」と呼びかけた。

ツーリズムEXPOジャパンin沖縄

「一致団結で危機克服というメッセージを
沖縄から世界へ発信しよう」と呼びかけた
山西・日観協会長

(次の記事)火災1年の首里城でも式典 ツーリズムEXPOジャパンin沖縄(2) ニューノーマル時代の観光構築に意欲

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ