楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

社説本紙から

クマンバチが飛ぶ

21/01/01    

コロナ禍で明け、暮れた2020年。いまだコロナは終息するどころか、新たな変異種の感染者が欧州で見つかり、さらなる脅威を与えている。メディアも相変わらず連日、全国の感染者数や亡くなった人の数を発表し続け、人々の不安をあおり続けている。本来救世...

金沢市、山野市長の主張

20/12/10    

先日伺った石川県と福井県の旅行業協会協力会総会に金沢市の山野之義市長が出席。あいさつを行い一度退席されたが、総会終了後の意見交換会に再び顔を出された。「どうしても伝えたいことがあって、来させていただいた」。そして山野市長は「Go Toトラベ...

コロナ禍こそ耳を澄ませ

20/11/25    

秋を迎えて、ようやく旅行客の動きが出てきたと喜んでいたら、感染者増大による第3波の到来。政府や医療関係者が深刻な面持ちで感染拡大を懸念しその対応を語り、それをテレビの報道番組やワイドショーがこぞって取りあげる。せっかくの観光シーズンに動き出...

自ら主導し状況を変える

20/11/10    

Go Toトラベルキャンペーンの効果もあって、著名な旅館ホテルの部屋が取れない。休前日だけでなく平日も難しいというから、これまで旅行を控えていた消費者が一気に動き出したといったところだろう。 さぞかし潤っているように思うが、宿泊する多...

近未来想定し先手を

20/10/25    

新型コロナウイルス感染症がいつ落ち着きをみせるのか、まったく予想はつかないが、間違いなくコロナ禍で世の中の価値観が大きく変わり、これまでと同じことをしているだけでは生き残っていけないことだけは確かなことだ。 本紙が親しくさせていただい...

チームで倍返しだ!

20/10/10    

9月27日が最終回だったTBS日曜劇場「半沢直樹」。総合視聴率(リアルタイムの視聴率とタイムシフトの視聴率の合計)が44・1%で、この調査が始まって以来初めて40%を超える快挙を成し遂げた。毎週日曜日午後9時、堺雅人さん扮する半沢直樹の活躍...

ウィズコロナに対応

20/09/25    

新型コロナウイルスの影響下で、観光客の動きが注目されていた今年最後の大型連休シルバーウイーク。結果、高速道路は久方ぶりの渋滞となり、有名観光・温泉地は多くの人で賑わった。ゴールデンウイーク、夏休みは遠出が控えられただけに、ようやく少しは観光...

接して肉声を聞く、仕事

20/09/10    

「さらばモスクワ愚連隊」「青春の門」「大河の一滴」などの著作で知られる作家、五木寛之さんがこのほど出版した「こころの相続」(SBクリエイティブ)で、コロナ禍の日本社会が学ぶ教えとして“目に見えない財産の継承”を訴えている。 コロナ禍で...

旅行業と自治体の関係

20/08/25    

コロナ禍で経営環境が厳しい宿泊施設や旅行会社を支援する「地元宿泊応援事業」に取り組む地方自治体が増えている。石川県旅行業協会(石旅協)のように事業の取りまとめ窓口になるなど、これまでにはない事例もある一方、地元の中小旅行会社を事業の“おまけ...

免疫力アップに旅行を

20/07/30    

いよいよ7月22日から始まった「Go Toトラベルキャンペーン」。事務局選定でひと悶着のあと、ようやくキャンペーン開始時期が決定すると東京で新型コロナウイルスの感染者が急増し、キャンペーン実施は時期尚早との大合唱。東京発着が対象外になった話...

社説 アーカイブ

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ