楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

貸切バスで安心安全な旅を(1) 感染防止対策の徹底アピール

Go Toトラベルキャンペーンで復調してきた個人旅行とは対照的に、貸切バスによる団体旅行は依然低調なまま。修学旅行など教育旅行、低人数のバスツアーの一部で回復の兆しは見られるものの需要回復とまでは言えない。近畿運輸局はバスを含めた公共交通機関の感染防止対策セミナーを、和歌山県バス協会は貸切バス換気性能の実演を実施。感染防止をした上で安心安全な旅をアピールし、貸切バスの需要喚起を図っている。

「自助努力には限界」も対策講じ難局打破へ

和歌山県バス協会(久保洋介会長=和歌山バス)は10月24日、和歌山市の近畿運輸局和歌山運輸支局に県内の旅行会社19社を招き、貸切バスの換気性能、感染対策をアピールした。

和歌山県内では、協会に加盟する30社が約300台の貸切バスを保有している。営業収入ベースで今年5月はまったく稼働がなく、6月に前年度比99%減、7月に同92・9%減、8月に入っても同91・2%減と苦戦が続く。県内小中学校の修学旅行が県内に振り替えられたため、9月以降持ち直しつつあるが、それでも「自助努力には限界がある」(久保会長)という状況だ。

この日は、車内で白いスモークを発生させ、5分程度で車内の空気が入れ替わることを実演。加えて、会員バス会社を代表して龍神自動車の感染対策が紹介された。

和歌山県バス協会

貸切バスの換気性能を証明するため車内を白いスモークで充満。
この後5分たらずで車内はスモークはなくなった

同社では、車内空気を浄化、抗菌する装置をバス車内に備え付けているほか、光触媒コーティングで抗菌・消臭加工を実施。座席前後での飛沫拡散を防止する使い捨てパテーションなどの対策を徹底している。

バス協会の森下清司専務理事によると会員バス会社もそれぞれ対策を実施しており、「新型コロナウイルス感染防止対策バス」のステッカーを配布。利用者の安心感醸成に努めているという。

来賓の門博文衆院議員は「皆さんの窮状を知り、しっかりと意見交換して難局を乗り切りたい」と話していた。

(トラベルニュースat 20年11月10日号)

(次の記事)貸切バスで安心安全な旅を(2) 恐怖心を取り除こう

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ