楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「ブルーインパルスの編隊飛行」 不断の訓練がなせる業、エールフライトに拍手を!

なにせイベントというものが行われていないのだから、観客力もテレビ鑑賞以外発揮できないものかと思っていたら、思いがけない大空のショーが見ることができた。

5月29日、ブルーインパルスの東京上空、編隊飛行があった。名目は新型コロナと戦っている医療従事者へのエールを送りたい、という航空自衛隊からのメッセージだった。割と突然の告知だったけど、さすがネット社会、瞬く間に周知され、僕も見晴らしのいい川沿いに陣取って、11時40分入間基地出発のブルーインパルスを待った。

11時45分には、轟音とともに5機が美しい航跡を残しながら飛んでいくのを目撃できた。やっぱり、ジェット機の編隊飛行はかっこいいよ。『トップガン』を思い出すまでもないだろう。

結局、東京上空を20分間で2周して帰投した。とにかくあっという間に視界から消えるので、実際に見ているのは十秒かそこらではなかったか。

それでも、この航空ショー、胸がすかっとする思いだった。

とはいっても、その後のSNSを見ると、何のためか分からない、とか無駄遣いとか、結構、否定的な意見も多かった。飛行のコストについては、河野防衛大臣が「360万円」と明かしたのだが、ブルーインパルスは不断の訓練が必要で、その練習飛行ですでにコストがかかっている。今回は飛行先が東京上空というだけの話だと僕などは思うのだが、みんながそう考えないのが不思議なくらいだ…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2020年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ