楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

自治体で広がる観光自主財源 日本交通公社刊「旅行年報2018」を読み込む(1) 国内旅行、高速バスが順調

公益財団法人日本交通公社はこのほど、旅行年報2018(A4判224ページ)を発刊した。観光庁をはじめとする各種統計資料に同公社独自の調査を加え、直近の旅行・観光市場の動向をまとめている。短期のトレンドに加え、長期にわたって比較のできる指標が充実していることで、例えば1%程度の目立たない増減も観光の局面として捉え、解説を加えているのが特徴。国や地方自治体の観光政策についても章を設けている。

1%の増減を観光面から捉え解説

旅行年報では(1)旅行市場(2)訪日旅行者(3)観光産業(4)観光地と観光政策の概観―など、テーマ別に17年の旅行動向を中心に紹介している。17年の日本人旅行者は、国内宿泊旅行者が3億2333万人(前年比0.7%減)で、このうち観光・レクリエーションは1億7862万人(同1.1%増)。帰省や出張の宿泊が前年を下回った中で、観光に伴う宿泊はわずかだが上昇した。

旅行年報2018

「旅行年報2018」の表紙

訪日外国人の動向では、訪日客数や客層の変化、海外市場別の訪日旅行動向に加え世界観光機関の資料を基に年間の各国民1人当たりの国際旅行支出を比較している。

国別で年間の国際観光支出が最も多いは中国で2577億ドル。世界全体の約2割を占め、国際観光への貢献度は群を抜き、2位米国1350億ドル、3位ドイツ837億ドルが続く。一方で、国際観光支出を国民1人当たりで見ると、香港3430ドルが突出し、オーストラリア、英国、ドイツが1千ドル超と高い。中国は国民1人当たりでは185ドルと低いが、日本はさらに少ない145ドルだと、国際観光市場での日本の現状を指摘する。

旅行産業の動きでは、主要旅行業者の取扱額が海外旅行、国内旅行、訪日旅行の3部門で前年を上回った。訪日旅行のシェアは6%だった。運輸業はLCCがけん引する航空、アジアを中心としてクルーズが好調だったほか、高速バスの輸送人員も同5・3%増と順調に推移した。

(トラベルニュースat 19年1月25日号)

(次の記事)自治体で広がる観光自主財源 日本交通公社刊「旅行年報2018」を読み込む(2) 訪日市場好調の要因は「価値と品質に割安感」

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

目に鮮やか心穏やか富山立山黒部

いよいよ春本番、雪深い富山県・立山黒部でも本格的な観光シーズンが到来する。その幕開けは山岳観...

島根安来人に会いに行こう

島根県最東部に位置する安来(やすぎ)市。山陰随一の汽水湖・中海と、緑豊かな中国山地に挟まれた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ