楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今だからできること 観光業界“菌休対策”(1) 予祝新聞と手づくりマスク

よ‐しゅく【予祝】 あらかじめ祝うこと。前祝い。」(広辞苑)。阪神タイガースの矢野燿大監督が昨シーズンの開幕前に「優勝おめでとうございます!」とあいさつして(一部で)予祝が話題になった。手前味噌だが、本紙今年1月1日号の社説でも「予祝を意識した1年に」と書いた。2号続けて新型コロナウイルス(COVID19)の話題で恐縮だが、2020年が始まって4カ月弱、予祝を意識したクライシス・マネジメントもあっていい。

“前向き”全開で笑顔に 埼玉県・名栗温泉大松閣

その予祝を実践したのが埼玉県・名栗温泉大松閣の女将、柏木由香さん。自身で「未来新聞」を作った。発行日は4月26日で「旅館へお帰りなさい」が見出し。「日本全国の旅館に大勢の観光客が戻ってきました」「コロナウイルス騒動が嘘のように、旅館業界は毎日ものすごく賑わっております」と書いた。

もう一つ、由香さんが実践しているのは、オリジナルマスクのおもてなし。手ぬぐいをマスクに改造し、お客さんを「面白いマスクですね!」と笑顔にさせている。由香さんは「顔は半分しか見えませんが笑顔は100倍。目と心であふれるものを大切にしたいです」「ないときはあるものを見つけるチャーンス。笑えない時こそ笑顔! 楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなっちゃいます!」と自身のブログに綴っている。

大松閣

手づくりマスクで宿泊客を笑顔にしている
柏木さん

オリジナルマスクのおもてなしは、由香さんが会長を務める次世代の女将の会「虹会」のメンバーも実践。東北、関東の6旅館が、手づくりのオリジナルマスクで訪れた者を笑顔にする。

(トラベルニュースat 20年3月25日号)

(次の記事)今だからできること 観光業界“菌休対策”(2) 対策万全の花見ツアー

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ