楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

まちの復活へ狼煙 大阪・道頓堀商店会が魅力発信、JTBらと共同で誘客事業(1)

大阪を代表する観光スポット「道頓堀」。ほんの1年少し前までは、アジア圏を中心に多くの訪日外国人観光客が訪れ、“インバウンドの聖地”とまで称されていた。そんな喧騒という表現がぴったりくるほど賑わっていたまちから人が消えた。あれから1年あまり、いまだコロナ禍の影響が色濃い中、道頓堀商店会(上山勝也会長)を中心とした商人らが賑わいを取り戻そうと狼煙を上げた。

「大阪商人の心意気を」 上山会長が気勢

道頓堀商店街の中央部に3月12日、串カツだるま道頓堀店がリニューアルオープンした。道頓堀名物の立体看板が真新しい新店で、ビルの屋上には高さ12メートルの巨大な「だるま大臣人形」が疫病退散のごとく、道頓堀のまちににらみを利かせている。

店を開設したのは、道頓堀商店会の上山会長が経営する一門会。これまでの店を移転し、自社ビルとして1階と地下1階に約120席を備える。オープン時には俳優の赤井英和さんやトミーズ雅さんら上山会長と親しい著名人も詰めかけ、串カツファンが列をつくっていた。

上山会長は「明るく元気な大阪、道頓堀を取り戻さなければなりません。特に、この界わいは大阪府が感染対策エリアとして赤枠として囲ったことがあり、ある意味、風評被害を受けました。でも、ぼやいていてもしゃーない。大阪商人の心意気を示し、自分たちが元気を発信していかなあかん」と話していた。

道頓堀商店会上山勝也会長

道頓堀復活へ意気込む上山会長

道頓堀界わいではこの1年で4割近くの店が休業や閉店に追い込まれるなど、まち全体が疲弊。商店会でも昨春から4カ月間、商店会費を免除したほか、上山会長が「全国でも聞いたことがない」という商店会が独自財源で会員店舗に5万円の対策費を2カ月間支給するなど、地域ぐるみでまちの灯を守る活動を続けてきた。

(トラベルニュースat 21年3月25日号)

(次の記事)まちの復活へ狼煙 大阪・道頓堀商店会が魅力発信、JTBらと共同で誘客事業(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ