楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新たな地平を開く 逆境下で挑む3氏(4) 山本浩司さん(ダゼロ株式会社代表取締役)

海外富裕層がターゲット

「大阪・関西万博のアクセスは大阪メトロ中央線が主です。万博の想定入場者数と中央線の輸送量を試算してみると、1列車あたりの乗車率は185%になります。そんなギュウギュウ詰めの地下鉄に訪日外国人観光客が乗りますか? 特に富裕層なんて行きたいと思わないですよね」

そんな自身の仮説に基づいて「ヘリコプターは無理だけど、船だったら何とかなる」と思って起業を思いついたのが3年前。船舶免許と客を乗せられる特定免許を取得し「できるわけない」との周りの声も無視して、大手総菜メーカーを退職。ベンチャーキャピタルや銀行マンを前に、イタリアの体験と「ベネチアと大阪は似ている」と演説をぶった。もちろん、事業計画もちゃんと作ったけれども。

山本浩司さん

山本浩司さん
ダゼロ株式会社
代表取締役

たまたま売りに出されていたベネチア製の木造ボート。投資家の入金とボート売り主の期限がぎりぎり合致し購入。「イタリアにこだわった事業をしなさい」という先輩の助言通り、イタリア領事館にセールス。帰国間近の駐日大使がたまたま乗船してくれることになり水都・大阪の異日常の体験を絶賛。富裕層インバウンド向けの事業は軌道に乗るはずだった。コロナが来なければ。

「実は」と言って口にしたのはイタリア渡航のきっかけになった親友の死。それを思えばコロナは屁でもない。7年過ごしたイタリアーノ精神で乗り越える。

山本浩司さん

社名のダゼロは、イタリア語で「ゼロからイチをつくる」という意味。
2025年にはジュウにもヒャクにもなりそう

(トラベルニュースat 21年9月10日号)

(前の記事)新たな地平を開く 逆境下で挑む3氏(3) 前川友吾さん(日本学生esports協会/Gameic代表理事)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ